小川原 脩記念美術館

<!--$alt-->

小川原 脩(おがわら しゅう) 1911年~2002年
倶知安町(旧倶知安村)生まれ。
東京美術学校卒業後、前衛画家としての道を歩みはじめるが、太平洋戦争を機に進取の道を断念。 戦後、郷里倶知安に戻り以後60数年間この土地を離れることなく創作活動に専念。 60歳を超えてから訪れた中国、チベット、インドで創作への新しい境地を開く。 
1999年11月3日 小川原脩記念美術館 オープン。
≪おかげさまで今年は開館20周年≫

展覧会のご案内

企画展
しりべしミュージアムロード共同展
『晴れ ときどき曇り、ところにより雪』


会期:7月13日 土曜日~9月23日 月曜日
会場:第2展示室
※画像をクリックすると展覧会のページへ移動します。

常設展
『小川原脩展 私の中の原風景』


会期:4月20日 土曜日~8月4日 日曜日
会場:第1展示室
※画像をクリックすると展覧会のページへ移動します。

お知らせ

―7月のイベント情報―
◆ミュージアム・コンサート
「オカリナ日和(びより)」
北海道を代表するオカリナ奏者として活躍する椎名春奈さんの心温まる音色をお楽しみください。
日時:7月13日(土曜日)14時~15時  会場:当館ロビー(無料)
出演:椎名春奈さん(オカリナ)/松岡亜弥子さん(ピアノ)
◆土曜サロン
世界美術館紀行4~スペイン・ポルトガル編
「カタルーニャ美術館/ミロ財団美術館/カルースト・グルベンキアン美術館」
4月から始った新しいシリーズ。お話と映像で世界の美術館を訪ねます。
日時:7月6日(土)14時~15時30分
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)
アート探訪<みて・きいて>32
「ポスト印象派1」
新時代を告げる1886年の印象派展。モネやシスレー、ドガなど代表的な画家を取り上げます。
日時:7月20日(土曜日)14時~15時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)
◆アート・トーク
「しりべしミュージアムロード共同展『晴れ ときどき曇り、ところにより雪』の楽しみ方」
ミュージアムロード5 館それぞれの天気にまつわる展示の見どころと、当館テーマ「青空!」にちなんだ作品を解説します。
日時:7月13日(土曜日)10時~10時30分
お話し:沼田絵美(当館学芸員) 会場:当館映像ルーム(無料)
◆アート・シネマ館
「ヴェルサイユの宮廷庭師」2015年/117分/イギリス(字幕)
王宮の庭園が誕生した裏側には、一人の女性庭師の存在と秘められたロマンスがあったのです。
日時:7月27日(土曜日)14時~16時10分
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)

感動の場 - 点

  • 感動の場 - 点 2019年7月
  『前へ進む群れB』 1957年 小川原 脩 画
(倶知安小学校蔵)

※画像をクリックすると感動の場 - 点のページへ移動します。
前へ進む群れB

前へ進む群れB


小川原脩記念美術館 所蔵品目録
「小川原脩コレクション Shu Ogawara Collection」

写真をクリックすると電子ブックが開きます。


小川原脩記念美術館Facebook