小川原 脩記念美術館

<!--$alt-->

小川原 脩(おがわら しゅう) 1911年~2002年
倶知安町(旧倶知安村)生まれ。
東京美術学校卒業後、前衛画家としての道を歩みはじめるが、太平洋戦争を機に進取の道を断念。 戦後、郷里倶知安に戻り以後60数年間この土地を離れることなく創作活動に専念。 60歳を超えてから訪れた中国、チベット、インドで創作への新しい境地を開く。 
1999年11月3日 小川原脩記念美術館 オープン。

展覧会のご案内

第1展示室
開館20周年記念 くっちゃん美術展
「第61回麓彩会展+くっちゃんART2020」


会期:2019年11月16(土曜日)~2020年2月11 日(火曜日)
※画像をクリックすると展覧会のページへ移動します。

2月16日~
鼓動する日本画 CONNECT-MOVE


会期:2020年2月16日(日曜日)~4月12日(日曜日)
※画像をクリックすると展覧会のページへ移動します。

第2展示室
人気投票がつくる展覧会 小川原脩展「私が選ぶ小川原脩」

会期:2020年1月18日(土曜日)~4月12日(日曜日)
※画像をクリックすると展覧会のページへ移動します。
 

お知らせ

―1月のイベント情報―
◆土曜サロン
アート探訪〈みて・きいて〉~ポスト印象派5
「ゴッホとゴーギャン」
南仏のアルルで、短期間ながら生活を共にしたゴッホとゴーギャン。印象派に触発されながらも、独自の道を歩いた2人の個性豊かな政界を紹介します。
日時:1月11日(土曜日)14時~15時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)
ギャラリー・トーク
小川原脩展「私が選ぶ小川原脩より」
新たにオープンする展覧会は、皆さんの人気投票により選ばれた作品が中心となります。展覧会場で作品を見ながら、学芸員のトークをお楽しみください。
日時:1月18日(土曜日)14時~14時30分
お話し:沼田絵美(当館学芸員) 会場:第2展示室(展覧会初日のため無料)
アート・シネマ館
「赤い風船」1956年/フランス/35分
「白い馬」1953年/フランス/40分
友達になった赤い風船と少年の不思議なファンタジー。深い絆で結ばれた白い馬と少年の物語。新春のアートシネマ館は、心温まる美しい映像2本からスタートします。
日時:1月25日(土曜日)14時~15時30分
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)

※1月の休館日
 毎週火曜日、1月1日から1月5日、1月14日~1月17日(展示替えのため)

感動の場 - 点

  • 感動の場 - 点 2020年1月
  『雪の中の犬』 1973年 小川原 脩 画
 
※画像をクリックすると感動の場 - 点のページへ移動します。
雪の中の犬

雪の中の犬


小川原脩記念美術館 所蔵品目録
「小川原脩コレクション Shu Ogawara Collection」

写真をクリックすると電子ブックが開きます。


小川原脩記念美術館Facebook