企画展

しりべしミュージアムロード共同展

「晴れ ときどき曇り、ところにより雪」
<!--$alt-->

 18回目を迎える「しりべしミュージアムロード共同展」。今回は天気をテーマとした『晴れ ときどき曇り、ところにより雪』を開催します。
 後志の作家たちやピカソも刻々と変化する空模様のうつろいに心惹かれ、作品に描き込んでいます。5館それぞれに設けた天気にまつわるサブテーマの展覧会をめぐり、魅力あふれる作品との出会いをお楽しみください。
 当館のサブテーマは「青空!」。ミュージアムロードの作家たちが描いた海辺の夏空、高原の澄み渡った空、田園のうららかな晴天・・・出会う場所それぞれに引用に残る様々な青空の作品を紹介します。天気の良い日も悪い日も、ここでは青空に出会うことができる展覧会です。
《各館サブテーマ》
小川原脩記念美術館「青空!」
有島記念館「雪、雪、雪」
西村計雄記念美術館「こちら、荒れ模様です」
木田金次郎美術館「雲のある風景」
荒井記念館「ピカソの天気」

会期:7月13日 土曜日~9月23日 月曜日

〔しりべしミュージアムロードとは?〕
北海道後志管内の4町に点在する5つの美術館・文学館を結ぶ「しりべしミュージアムロード」。地域ゆかりの芸術家をテーマとした個性あふれる施設を、山から田園、海へいたる変化に富んだ景観とともに楽しむことができるドライブコースとして親しまれています。