新型コロナウイルス関連情報

【8月3日更新】新型コロナウイルス関連情報(Information regarding Coronavirus)

緊急情報一覧

総合型地域スポーツクラブ            (じゃが太スポーツクラブ)

総合型地域スポーツクラブ「じゃが太スポーツクラブ」
 健康増進法は、医療面の法律で、スポーツ基本法は、文化面からの法律です。スポーツが健康増進に大きな役割を果たすことは、誰もが疑う余地の無い共通の認識でありますが、両法律は根拠及び目的において連携されているものではありません。
 しかしながら、倶知安町では総合計画において「健康づくり、生涯スポーツが活発な町にする」ということが位置付けられています。そこで、スポーツ振興による住民の健康増進・予防医療・介護予防を図り、スポーツと健康増進の相関関係を探ることで、いわゆるアンチエイジングを実践していくこと等が「総合型地域スポーツクラブ」の活動内容です。
 倶知安町の総合型地域スポーツクラブは、「じゃが太スポーツクラブ」と言います。具体的活動目的や運営方法は、身近な地域でスポ-ツに親しむことのできる、子どもから高齢者まで、様々なスポーツを愛好する人々が、初心者からトップレベルまで、それぞれの志向・レベルに合わせて参加でき、地域住民により自主的・主体的に運営されるスポーツクラブです。
ノルディックウォーキング
 活動の中心であるノルディックウォーキングは、高齢者が転倒しにくくなる、また身体能力回復の喜びを感じる精神的効果だけでなく、上半身を使う分運動効果が上がることでの中高年のメタボ対策としても期待が高まっております。ノルディックウォーキングは、クロスカントリースキーの夏場のトレーニングの一環として始められ、その普及は容易にクロスカントリースキーの普及にも繋がります。健康増進は当然ながら、町技の普及と活動の充実の意味でも、じゃが太スポーツクラブの冬期間の活動にクロスカントリースキーが行われています。