新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス関連情報

緊急情報一覧

ゼロ戦の翼 -ニセコアンヌプリ山頂着氷実験-

ゼロ戦の翼 (右主翼)

 これは、大戦中、雪の研究家として高名な中谷宇吉郎元北大教授のチームが、ニセコアンヌプリ山頂で着氷実験の研究に使ったゼロ戦の翼です。
 終戦直後、機体はニセコアンヌプリ山頂から谷間に投棄されてしまいました。
1990年(平成2年)に北海道新聞が場所を特定しました。
<!--$alt-->

 その後、倶知安風土館が3回にわたって調査し、残骸が右主翼で比較的に良好な状態であることがわかりました。2004年6月、苦難の末、風土館チームが回収に成功しました。
(終戦直後は物資の乏しい時代でしたから、誰かによって翼のジュラルミンがあちこち切り取られていて、痛々しい姿になっています。よく観察すると、雪圧で大きく曲げられた部分や切り取られた部分、さらには、スキーヤーによってストックの先で開けられた穴が見受けられます。)

事実は小説より・・・

 断片的な証言をつなぎ合わせて真実に迫るのは大変な作業です。記憶に頼った曖昧な表現で歴史を検証するのは、危険性が伴います。やはり裏づけを取りながら、個々の証言を検証することが、真実に迫る近道ではないでしょうか。
 ニセコアンヌプリ山中から発見された零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の主翼は、まさに歴史を語る物証です。
 ゼロ戦を用いた着氷実験にとりかかる前、昭和16年から翌17年にかけて、山頂近くの尾根下で予備実験が行われました。雪洞とテントを根拠地としたもので、その後に木造の小さな研究棟が建設され、常時観測ができる準備が整い始めました。
 中谷宇吉郎教授は、着氷の機構をよく調べるためには、自然条件下で住み込みが可能な生活条件を揃えることを重要視しました。
 そこで昭和18年の春から、山頂に着氷実験所の建設が開始、秋には完成しました。総工費約50万円、狩太村(現ニセコ町)の吉村丑蔵さんが請け負い、資材やゼロ戦、さらには食料の運搬に、倶知安、ニセコ、そして蘭越の大勢の人々が関わったのです。

ニセコアンヌプリ山頂着氷実験関係者  
-1945 (昭和20) 年4月中旬頃撮影-
写真提供:黒須 治さん(埼玉県川越市在住)
 ニセコアンヌプリ山頂での航空機着氷実験には、中谷宇吉郎博士をはじめ、北海道帝国大学(現北海道大学)低温科学研究所のスタッフ、陸軍や海軍の軍人、撮影フタッフなど大勢の人間がかかわっていた。この集合写真は、黒須治さんのお父さんが横須賀の海軍航空技術廠に所属し、出張でこの実験施設に勤務した折に撮影されたものである。写真の左端には、この観測施設で大勢のスタッフの食事や身の回りのお世話をしていた狩太村(現ニセコ町)の吉村トクエさんと思われる女性(手前)と、知り合いの女性が写っている。
 写真の裏面には「昭和20年3月末~4月末迄 北海道虻田郡狩太村「ニセコアンヌプリ」山頂低温科学研究所(北海道帝大)出張記念写真」とある。
ちなみに、前列右から二人目の男性が猫を抱いているのが分かるでしょうか。

ニセコ観測所の前にて

写真提供:黒須 治さん(埼玉県川越市在住)

写真提供:黒須 治さん(埼玉県川越市在住)

 『ニセコ観測所』の看板は、中谷宇吉郎博士が書いたと云う。 その隣には『北部第百四十九部隊 小野澤隊』と書かれた看板がかけられている。
 写真の人物は横須賀海軍航空技術廠所属の黒須賢次さんである。黒須さんは、航空機の開発・設計に従事していたそうです。

着氷実験

 「吹雪の山頂に科学の新春・・・あらゆる自然的条件を総合すると(中略)通常の人間は到底住むことができない場所だ。ところがこの冬からこの山嶺の突端に科学者の一群が閉じこもり、勝ち抜く研究の突撃を開始した・・・(昭和19年1月1日朝日新聞)」
 戦時下の新聞報道です。記事には実験の様子とその写真とニセコアンヌプリの場所入りの略図、さらに実験の概要が掲載されています。
 北海道大学所蔵の着氷実験の写真とは異なる角度から撮影された写真(※風土館にて展示中)には、寸詰まりの胴体と垂直尾翼、そして尾翼が鮮明に写し出されています。
(さいたま市 井上晴樹氏 提供)

木造高山観測所

 「比較的平坦な場所を選んだのだが、傾斜はかなり急だったので、建物の一隅は半ば地中に埋まるようにして建てた。建物は -中略- 建坪14坪の長方形とし、観測室を大きくとり、山稜側に暗室、二段のベッド、厨房を簡単にとりつけた。他にストーブの入らぬ低温室兼入口と露台がついている。建物は主風の方向に大体直角に建て、屋上に天然小風洞と百葉箱3個を置いた。・・・居住性は良好で、愉快に観測が出来た。・・・高山観測所としては、強度を保つ上に特殊の考慮を払えば、木造建築物が居住性の良好なる点及び工事の迅速なる点ですぐれた特徴を持つものと思われる(中谷宇吉郎ほか)」
 建物の内部構造や外観が容易に想像できます。今、山頂には痕跡すら存在しませんが、エンジンを設置したコンクリート製の台座がその姿を止めています。
「木造高山観測所の設計及び建設(低温科学第2号より抜粋)」

回転台に設置された実験機にて
写真提供:黒須 治さん(埼玉県川越市在住)
 実験には2機の戦闘機が使用されていたことが判明した。昭和18~19年の冬には九六式、昭和19~20年の冬にはゼロ戦であった、と云う。この写真が撮影されたのは昭和20年3月末ごろであるから、ここに写っている実験機はゼロ戦ということになる。人物の後ろにある実験機の黒い部分はおそらく、着氷防止のためのゴムのような物質ではないかと思われる。

発見時の所見

 確認された機体の一部は、片側に向かって細くなった矩形をしており、航空機の翼だと思われた。長軸が沢の流れとほぼ直角になる状態で沢底の大きな岩の上に横たわり、ほぼ真ん中で「く」の字状に軽く折れ曲がっていた。
 本体は洛陽に覆われることもなく露出しており、露出面は赤茶色を呈していた。内部構造のジュラルミンには光沢が認められ、その上に塗られた青緑色の塗料もツヤがあった。
 予想よりも全体の状態は良好であったが、翼の桁部分と舵の羽衣は腐食がかなり進んでいた。

機体の確認から収容まで

一つの新聞記事がきっかけでした。ニセコの山中にあるゼロ戦の機体を風土館で展示できないか。それが始まりでした。
 幸いにも、その記事には機体のある場所が図示されていたので、捜索を開始することにしました。2002年の秋のことです。
以下、機体が収容されるまでの詳細な経緯と写真については倶知安風土館の展示でご覧ください!

次の世代に

 戦後の一時期、中谷宇吉郎教授は『物理学』に力を注ぎました。その当時、少年少女向けの著作に以下の文を残しています。
「われわれを生み育ててくれた日本、この日本のよいことろをもっとよく知り、良くないところはお互いに反省し、すぐれたものの数々をしっかりと身につけ、どんなときもゆるがずひるまず、正しく強く伸びて行く、もととなり力となる、そんな本をつくりたい」。