新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス関連情報

緊急情報一覧

倶知安町バリアフリー住宅改修補助金交付について

目的

倶知安町内に建設されている既存住宅をバリアフリー住宅にするための改修工事を行う者に対し、その要する経費の一部を補助することにより、在宅の高齢者等が安心して住み続けられる住まい造り及び住環境の向上を図ることを目的とする。

補助の対象

○補助の対象者は、以下の要件いずれかに該当する者です。
1.65歳以上の高齢者又は当該高齢者と同居・同居を予定している者。
2.身体障害者手帳の交付を受けている者又は当該身体障害者と同居・同居を予定している者。

○補助対象者は以下の要件すべてに該当することが必要です。
3.倶知安町に住民登録していること。
4.改修工事を予定している住宅に現在居住しているか、改修後直ちに居住することが確実であること。
5.町税の滞納がないこと。
6.住宅改修工事を町内に本社を持つ法人・個人事業者に発注すること。

補助対象となる改修工事

○補助対象者が直接居住のように供する部分に限定されます

1.手すりの取り付け工事
2.床等の段差解消工事
3.滑り防止のための床材変更工事
4.ドア等の取替え工事
5.高齢者対応型浴室の設置工事
6.移動補助機器の設置工事
7.昇降機の設置工事
8.上記工事に附帯して必要となる改修工事

補助金の額

○改修工事に要する費用の2/10に相当する額で、50万円を限度(1,000円未満の端数切捨て)とする。ただし、以下の補助金額を改修費用から差し引くものとする。

(a) 介護保険法に基づく居宅介護住宅改修費の補助金
(b) 障害者自立支援法に基づく住宅改修費の補助金
(c) 町、国、道その他公共団体からの工事資金の補助金、交付金、補償費等

○補助金の交付は、同一の住宅に対して原則1回とする。

バリアフリー住宅改修補助金申請の流れ