避難小屋について

羊蹄山避難小屋

<!--$alt-->

天候の急変や登山者の体調不良等への対応のため、避難小屋が設置されております。
現在の避難小屋は環境省が平成26年度に老朽化した旧小屋の隣に建設しました。

倶知安ひらふ・真狩コースの各9合目を結ぶ連絡路の間に位置し、
6月中旬~10月中旬まで、自然保護監視員と避難小屋管理人を兼務した職員が常駐しています。
 

ご利用の注意

○避難小屋の管理は羊蹄山管理保全連絡協議会が環境省から受託して行っております。
水・食糧の販売・提供は行っておりません。必ず持参ください。
○休憩利用、トイレ利用の際は利用協力金の支払をお願いします。
○スペースが限られておりますので、譲り合って使用して下さい。
ゴミ・トイレの紙は必ずお持ち帰り下さい
○避難小屋周辺含めテント泊はできません。(解体した旧避難小屋跡地は立ち入り禁止です)
○その他管理人の指示に従って利用ください。

宿泊利用について

○平成26年度の新避難小屋の建設に伴い、
宿泊可能数は大幅に減少致しました。
小屋はあくまでも緊急避難用となります。日帰り登山を最優先とした計画をお願いします。
※定員数(最大):旧小屋100名→新避難小屋40名(緊急時)
※20名を超えると窮屈な状態となります

○限られたスペースしかないため、宿泊の可能性がある方は事前に連絡をお願いします。
「日時・代表者名・人数・連絡先」羊蹄山管理保全連絡協議会(0136-23-3388)へ電話下さい。
○宿泊利用の際は協力金の支払をお願いします。また寝袋・毛布をレンタルする場合も別途協力金の支払をお願いしております。
○10名を超える団体での利用はご遠慮下さい。
○あくまでも緊急避難用となりますので、2泊以上の利用はお控えください。
<!--$alt-->


混雑予想日



※混雑が予想日や事前連絡が多い日がありましたら掲載いたします。
※避難小屋スペースが限られており、平日でも満員に近い日があります。
 可能な帰り日帰りを検討頂くようお願いいたします。

避難小屋利用料金

管理人常駐期間
 平成30年6月9日(土)~ 10月8日(月)
 
※上記期間外は管理人はおりませんが避難小屋の利用は可能です。
  宿泊料は集金箱に入れてください。なお、期間外の毛布・寝袋のレンタルはできません。
宿泊料
 大人 1,000円
 小人 500円
休憩料
 大人 300円
 子供 200円
レンタル料
 毛布 200円
 寝袋 300円
収容人数
 緊急時:約40人 通常使用時:約20人
 ※6月下旬から8月中旬が利用者数のピークです。

※飲食物の販売は一切ありません。水や食糧は必ず持参してください。

トイレ使用について

避難小屋トイレは北海道の山岳トイレとして初めて
TSS(土壌処理)方式のバイオトイレを採用しています。

処理能力の低下を防ぐため、
使用済みトイレットペーパーや生理用品はすべて持ち帰り下さい
また、エチケットバッグの持参をお願いします。
<!--$alt-->


冬期間の利用について

<!--$alt-->

冬期間中、小屋を利用される方は利用者名簿に記入し、利用料金を料金箱に入れてください。

正面入り口は閉鎖されますので、外はしごを使い2階から出入りしてください。

冬期間は管理人不在のため上記レンタルの利用はできません。