小川原 脩記念美術館

<!--$alt-->

小川原 脩(おがわら しゅう) 1911年~2002年
倶知安町(旧倶知安村)生まれ。
東京美術学校卒業後、前衛画家としての道を歩みはじめるが、太平洋戦争を機に進取の道を断念。 戦後、郷里倶知安に戻り以後60数年間この土地を離れることなく創作活動に専念。 60歳を超えてから訪れた中国、チベット、インドで創作への新しい境地を開く。 
1999年11月3日 小川原脩記念美術館 オープン。
≪おかげさまで今年は開館19周年≫

展覧会のご案内

常設展
『小川原 脩展 遥かなるイマージュ2』

会期:9月29日 土曜日~1月20日 日曜日
※画像をクリックすると「常設展」のページへ移動します。

企画展
第60回記念 『麓彩会展』


会期:9月1日 土曜日~12月16日 月曜日
※画像をクリックすると「企画展」のページへ移動します。


小川原脩記念美術館 所蔵品目録
「小川原脩コレクション Shu Ogawara Collection」

写真をクリックすると電子ブックが開きます。

お知らせ

<!--$alt-->

―11月のイベント情報―
◆アート・シネマ館
「ミリキタニの猫」2006年/74分/アメリカ
ニューヨークの路上で、ひたすら猫を描く老アーティスト<ジミー・ミニキタニ>。日本とアメリカの狭間で翻弄され続けた80年の人生を描く、感動のドキュメンタリー映画です。
日時:11月13日 土曜日 14時から15時20分
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)
◆土曜サロン
アート探訪〈みて・きいて〉「スーラ~点描の画家」
フランスの画家スーラは、印象派の画家たちが用いた<筆触分割>を推し進め、<点で描く>画期的な技法を生み出し、色彩の効果を高めました。いわゆる新印象主義です。
日時:11月10日 土曜日 14時から15時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)
◆ミュージアム・コンサート
「コンセール・アミ~オータム・コンサート 2018」
札幌を拠点に多彩な音楽活動を展開する「コンセール・アミ」。テノールの佐藤さんを中心に、クラシックから童謡まで、国内外の美しく楽しい音楽の世界が繰り広げられまます。
演奏:コンセール・アミ
佐藤貢さん(テノール) 丸山みゆきさん(ヴァイオリン) 吉田聖子さん(クラリネット) 塚越由り映さん(ピアノ) 柴瑞穂さん(ピアノ)
日時:11月24日 土曜日 14時から15時
会場:当館ロビー(無料)
ーワークショップのお知らせー
「描いて、刷り取る〈木版リトグラフ〉体験」
木の板を使った平版画「木版リトグラフ」に挑戦します。クレヨンのような画材で自由に絵を描いて版を作る、比較的短時間で制作ができる版画技法です。この機会に版画の世界に触れてみませんか。
講師はニセコ在住の版画家・府川誠さんです。
 
日時:11月17日 土曜日 10時から16時
会場:倶知安風土館研修室
対象:一般(中学生以上)
定員:15名(要申込) 参加料:無料
申込み:美術館に来館または電話(21-4141)
※定員になり次第終了 申込受付は終了しました(11月9日)

感動の場 - 点

  • 感動の場 - 点 2018年11月
  『晩秋の羊蹄山』 1978年  小川原 脩 画


※画像をクリックすると感動の場 - 点のページへ移動します。
晩秋の羊蹄山

晩秋の羊蹄山


北海道の美術館を巡ろう!!
アートギャラリー北海道「スマホスタンプラリー」

小川原脩記念美術館Facebook