町長室

 国内の他のスキーリゾートに先駆けて「スキーの町宣言」をした倶知安町は、「東洋のサンモリッツ」とも呼ばれるスキーの聖地です。

 極上の雪を求め多くの人たちが、ニセコ連山の主峰・ニセコアンヌプリの麓、「HIRAFU(ヒラフ)」と呼ばれる地域を訪れます。

 日本最古の史書『日本書紀』に、「HIRAFU」ならぬ「比羅夫」が登場します。659年、阿倍比羅夫(あべの・ひらふ)は水軍180隻を率いて蝦夷を討ち、「後方羊蹄(羊蹄山)」を行政庁として郡の役人を置いた-とされます。我が町に「比羅夫」という字名、JRの駅名がありますが、実は阿倍比羅夫の蝦夷遠征伝説に由来するものです。
<!--$alt-->

 倶知安には他にも、ラフティングやカヌー、ゴルフや登山などのアウトドアスポーツを楽しむ事ができ、清流尻別川や秀峰羊蹄山を望む景色は、四季折々の美しさを醸し出します。

 魅力満載の「くっちゃん」へ、ぜひお越しください。
<!--$alt-->

 Kutchan mayor Kazushi Monji

今月のメッセージ

“ 知り ”“ 広げ ”、ここが「ふるさと」

 晴れた日、低くなった日の光は自分の顔の正面を照らします。そのまぶしさは痛くもあり、晩秋を迎えたことを覚えます。
 この秋、スポーツ、文化芸術、遊び、味覚な どしっかりと楽しみましたか?そして、G20観光大臣会合の本町開催。世界中の国などが参加いただき、本町ならではの “おもてなし”で温かくお迎えすることができました。子どもたちをはじめ、全ての町民の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。こうした世界規模の行事が開かれる地域に私たちは暮らし、生活しているということです。一つの大きな転機として、あらためて倶知安の過去現在未来を“知り”、世界に視野を“広げ”、ここが「ふるさと」と誇りに思える町を育んでいきましょう!皆さんとともに!