新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス関連情報

緊急情報一覧

スズメバチの被害を防止しましょう

ハチは、巣に近づいたり巣を刺激しないかぎり、人を刺すことはありません。
ハチたちも毛虫や害虫を捕まえ、自然界のバランスを保っていてくれています。
被害を防ぐために、ハチの習性を知りましょう。

スズメバチ の一生

春~夏

女王バチが巣作りを始め、たまごを生み育てます。

夏~秋

仲間のハチが多くなり、巣も大きくなります。
巣を守るために最も攻撃的になる時期です。

秋~冬

巣は空になります。(古い巣をまた使うことはありません)

巣を作る場所・予防は?

スズメバチは、巣を守るため雨がしのげ暖かい場所に、巣穴がひとつのしま模様の巣を作ります。

樹木の中・生け垣など・・・・枝落としなどをし、風通しを良くする。
軒下・床下・通風口など・・・金網などで目張りをする。
植木鉢・容器の中など・・・・外に置きっぱなしにしない。
土の中・墓石の隙間・・・・・見回りをこまめに。

※チェックしてみましょう。近くに巣があるかもしれません。
  • スズメバチが出入りを繰り返している場所がある。
  • スズメバチが人の周辺を飛び回る。(外的に対し巣を守る防衛半能による)
  • スズメバチのエサとなるジュースの空き缶や生ごみが放置されている。

スズメバチに出会わないためには?

  1. 野外に出るときは、スズメバチを刺激する黒い服、かおりの強いもの(香水や洗髪料)また、きらきら光るものは避けましょう。(ジュースを開けての持ち歩きも注意しましょう)
  2. ハチや巣を刺激しないようにしましょう。(大声をださない。振動を与えない)
  3. 家の中にハチがいる場合は、窓を開け、立ち去るのを待ちましょう。(刺激してはいけません)

スズメバチに出会ったら?

  1. スズメバチ専用の殺虫スプレーを使用しましょう。
    ※虫除けの超音波発信器などはハチを刺激する原因となります。
  2. スズメバチが近づいても、手やタオルで払ってはいけません。(左右の動きに反応します)
  3. 走って逃げたりせず、頭を隠し体を低くしてその場をゆっくり離れましょう。

スズメバチに刺されたら?

  1. まず、ハリを抜き、刺された所の周りを指で押し毒を出しましょう。
     ※口で吸い出すと、傷や虫歯があるとそこから毒が入る危険性があります。
  2. 次に、患部を水や氷で冷やし(毒のまわりを遅くします)、抗ヒスタミン軟膏を塗りましょう。
     ※ハチの毒にはアンモニアは効き目がありません。
  3. 軽い症状であっても、すぐに病院に行きましょう。
 ※アレルギー反応により死に至ることもあります。

巣を駆除するには?

スズメバチは攻撃性が強く、巣の駆除は非常に危険な作業なので、装備が整った専門業者に依頼しましょう。

※隣地の場合は、まずその人に連絡して下さい。
 費用は、その場所の所有者が負担することとなります。

駆除業者

                         業   者   名    電 話 番 号                住   所
  協和総合管理(株)倶知安営業所     23-2054           北3条東9丁目
(株)イーエフ・エイチコンサルタント     23-3150          南11条東1丁目
(株)ホクア商事(冒険家族)     22-3759           比羅夫145-2