新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス関連情報

緊急情報一覧

子ども医療費助成制度

0歳から15歳に達する日以降の最初の3月31日までの子どもに対しての医療費助成制度です。
北海道内の医療機関にかかるときは受給者証を提示する事により下記の窓口負担となります。
(診療の際に受給者証を忘れた等により、医療費の2割若しくは3割を一時的に負担した場合、後日領収書を添付して町に請求していただくことになります。)
 

1.受給資格

  • 生活保護を受けていない方
  • 健康保険に加入している方
  • 出生~15歳に達する日以後の最初の3月31日まで
※所得制限はありません。

2.受給者証の種類と負担割合

証の種類 対象期間 負担割合
子初・子課 0歳~中学生 初診時一部負担金のみ
医科:580円
歯科:510円
※指定訪問看護基本利用料は町が独自助成します。

3.手続きが必要なとき

状況 必要なもの
出生(子どもが生まれたとき) 印鑑、保険証
健康保険を変更したとき 印鑑、保険証、子ども医療費受給者証
転入(町外から異動してきたとき) 印鑑、保険証、所得課税証明書(1月1日時点において、住民登録地が倶知安町ではない方のみ)
※転入する月によって、必要となる証明書が増える場合があります。
例:平成31年1月~7月に転入した場合、平成30年度及び平成31年度の所得課税証明書が必要となります。
(例年、新年度の所得課税証明書(例の場合、平成31年度を指します。)は6月頃に取得可能となるため、1月~5月に転入された場合、6月以降新年度分を前住所地にて取得していただき提出していただくこととなります。)
転居(町内で異動したとき) 印鑑、子ども医療費受給者証
転出(町外に異動するとき) 印鑑、子ども医療費受給者証
道外で受診したとき 印鑑、保険証、子ども医療費受給者証、領収書(コピー不可)、
銀行口座(振込先)
※ 保育所や学校管理下での怪我による医療費について、日本スポーツ振興センターから給付がある場合は子ども医療費助成の対象外となりますので、受給者証を使用されないようお願いします。