新規・更新・区分変更の手続き

新規・更新

介護認定には有効期間があります。原則として12ヶ月ごとに更新となります(場合により、3ヶ月~36ヶ月になることもあります)。

介護認定は自動的に更新されません。有効期間が過ぎても更新の申請を行わないと、認定の効力はなくなり、サービスの費用も保険の対象外となります。費用の全額が自己負担になります。

更新の申請は有効期限の60日前からできます。有効期限の属する月の前月初めに更新の案内をお送りします(例えば、6月末が認定の有効期限ならば5月初旬)。忘れずに更新の申請を行ってください。

申請に必要なもの

 本人申請の場合

○要介護・要支援更新認定申請書(窓口に置いています)
○介護保険被保険者証(介護保険証)
○本人のマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカード、通知カード等)
○本人の認印
○身分証明書(詳細につきましては、下記リンクよりご参照ください)
○健康保険被保険者証(第2号被保険者(年齢が65歳以下の場合)

 代理申請の場合

上記、本人申請必要書類に加え
○代理申請者の身分証明証
○代理申請者の認印が必要となります。

区分変更

認定を受けている期間内に心身の状態が変化した場合、認定の区分変更を申請することができます。

申請に必要なもの

申請書を除き、新規・更新手続きと同様となります。