新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス関連情報

緊急情報一覧

緊急事態宣言発令に伴う北海道からの飲食店等の皆様への時短要請および支援金について

◆要請期間【6/1(火)~6/20(日)分】

北海道からの、飲食店等の皆様への要請事項の中で本町の対象施設の方が該当となる部分についてお知らせします。

【要請内容】新たに3.が追加されました。
1.営業時間は5時から20時まで
2.酒類の提供(利用者による酒類の店内持込を認めている飲食店を含む)は11時から
  19時まで
3.飲食店営業許可を受けている店舗において、カラオケ設備を提供している場合、当該
  設備の提供を行わない
4.業種別ガイドラインを遵守すること


【対象施設】
1.飲食店宅配・テイクアウトを除く
2.遊興施設バー・カラオケボックス等で食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗及び飲食店営
       業許可を受けていないカラオケ店
3.結婚式場食品衛生法上における飲食店営業許可を受けている結婚式場


上記要請に協力した対象施設には、北海道から支援金が支給されます。

【支給条件】
1.要請日以前から、20時以降も営業している飲食店等が対象となります。
(※今回の要請を受けて営業時間を短縮する形となることが必要)
2.要請されている全期間(6月1日(火)から6月20日(日))において、営業時間
  の短縮等に協力
いただいた場合に限り対象となります。
(※6月1日を超えてからの協力また6月20日前に協力を止めた場合は支給されません
3.感染予防対策の実施のほか「業種別ガイドライン」等に基づく、店舗における感染防止
  策の再確認と徹底を行うこと

【支給額】
○中小企業:1日当たりの売上高に応じて店舗毎に2.5万円から7.5万円
○大企業 :1日当たりの売上高の減少額に応じて店舗毎に最大20万円


【その他】
支援金の申請に際し、営業時間の短縮等を証明する証拠書類として、
時短営業を知らせる店頭貼り出し紙(時短営業の期間、営業時間を明記すること)の写真
お店のホームページ、SNS等で時短営業をお知らせした画面のコピー
などが必要となりますので、あらかじめ準備をお願い致します。

詳細は、下記北海道HPよりご確認ください 
要請内容・支援金については下記パンフレットをご確認ください。
支援金の問合せ先:011-350-7377(8:45~17:30、6月は土日も対応)

◆要請期間【5/16(日)~5/31(月)分】

北海道からの、飲食店等の皆様への要請事項の中で本町の対象施設の方が該当となる部分についてお知らせします。

【要請内容】
1.営業時間は5時から20時まで
2.酒類の提供(利用者による酒類の店内持込を認めている飲食店を含む)は11時から

  19時まで
3.業種別ガイドラインを遵守すること


【対象施設】
1.飲食店宅配・テイクアウトを除く
2.遊興施設バー・カラオケボックス等で食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗及び飲食店営業
       許可を受けていないカラオケ店
3.結婚式場食品衛生法上における飲食店営業許可を受けている結婚式場


上記要請に協力した対象施設には、北海道から支援金が支給されます。

【支給条件】
1.要請日以前から、20時以降も営業している飲食店等が対象となります。
 (※今回の要請を受けて営業時間を短縮する形となることが必要)
2.要請されている全期間(5月16日(日)から5月31日(月)遅くとも5月18日
 (火)から要請に応じること
において、営業時間の短縮等に協力
いただいた場合に限り
  対象となります。
 (※5月18日を超えてからの協力また5月31日前に協力を止めた場合は支給されません
3.感染予防対策の実施のほか「業種別ガイドライン」等に基づく、店舗における感染防止
 策の再確認と徹底
を行う
こと

【支給額】
○中小企業:1日当たりの売上高に応じて店舗毎に2.5万円から7.5万円
○大企業 :1日当たりの売上高の減少額に応じて店舗毎に最大20万円


【その他】
支援金の申請に際し、営業時間の短縮等を証明する証拠書類として、
 ○時短営業を知らせる店頭貼り出し紙(時短営業の期間、営業時間を明記すること)の写真
 ○お店のホームページ、SNS等で時短営業をお知らせした画面のコピー 
などが必要となりますので、あらかじめ準備をお願い致します。

要請内容や支援金の申請方法は、下記北海道HPよりご確認ください 
要請内容・支援金については下記パンフレットをご確認ください
営業時間短縮等要請に関連してのQ&Aです。
疑問点について、こちらでご確認ください。
支援金の問合せ先:011-350-7377(8:45~17:30、6月は土日も対応)