新型コロナウイルスに関連した肺炎について

 中華人民共和国湖北省武漢市で集団発生した新型コロナウイルスに関連した肺炎について、道内においても感染者が確認されたとの発表がありました。今後のさらなる感染拡大の防止に向け、感染予防に努めるようお願いします。

• 風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえ、咳エチケットやこまめな
 手洗い、人混みでのマスク着用等、通常の感染症対策を行うことが重要です。
 又、普段の体調管理も大切です。
 バランスの良い食事、規則正しい生活、十分な睡眠などがより重要となります。
 糖尿病などの治療中の疾患をお持ちの方は、よりよいコントロールを図ることも、
 感染予防につながります。

 
感染疑い例の定義(現時点での定義であり、今後変更の可能性あり)
(1) 「37.5度以上の発熱」かつ「呼吸器症状(咳・鼻水・のどの痛みなど)」がある
  及び、
(2) 「それらの発症から2週間以内に、中華人民共和国湖北省又は浙江省への
   渡航歴がある

  又は、
  「渡航歴があり上記の症状を有する人との接触歴がある
 以上に該当する方は、速やかに「帰国者・接触者相談センター」(下記)へ連絡し、医療機関受診の相談をしてください。

 連絡及び受診する際には、上記の症状・湖北省又は浙江省への渡航歴・接触歴等があり新型コロナウイルス関連肺炎の疑いによる受診の相談であることを必ずお伝えください。

【連絡先】
帰国者・接触者相談センター
• 倶知安保健所 0136-23-1957 / 0136-23-1951
• 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課の夜間・休日相談窓口 011-204-5020
 平日 17:30~21:00 / 土日祝日 9:00~17:00



情報は日々更新されています。
又、様々な情報が流れていますが、厚生労働省・北海道・倶知安町などの情報をご確認いただき、過剰に心配することなく、日常の感染予防に努めてください。
新型コロナウイルスに関連した感染症について、詳しくは下記のサイトをご覧ください。