小川原脩 略歴

1911年 北海道虻田郡倶知安村(現:倶知安町)八幡で誕生

1923年 北海道町立倶知安中学校入学

1930年 東京美術学校(現:東京芸大)西洋画科入学

1933年 東光会第1回展入選、第14回帝展入選

1935年 東京美術学校卒業。中央美術展入選

1937年 個展(銀座・資生堂ギャラリー)

1938年 個展(札幌・三越ギャラリー)

1939年 個展(銀座・資生堂ギャラリー)
    美術文化協会の創立に参加

1943年 決戦美術展で陸軍大臣賞受賞

1945年 倶知安に帰郷。間宮勇、木田金次郎らと後志美術協会結成。
    全道美術協会(全道展)の創立に参加

1947年 美術文化協会脱退

1949年 北海道学芸大学、藤女子大などで非常勤講師

1953年 個展(銀座・資生堂ギャラリー)

1959年 倶知安町で麓彩会結成

1963年 北海道大学工学部建築工学科にて非常勤講師(1981年まで)

1970年 旧北海道庁赤れんが庁舎《伊達に入った人々》制作

1971年 札幌今井・時計台文化会館の2会場で自選展《画業40年の曲折の中から》
    1971年ころから1998年まで毎年、札幌時計台ギャラリーにおいて個展開催

1972年 個展(日本橋・柳屋画廊)
    個展(札幌時計台文化会館)

1974年 個展《犬・馬・白鳥》(銀座・文藝春秋画廊)
    回顧展《画業45年〈1930年→1974年〉のなかから》
    (倶知安町文化福祉センター落成記念。主催:倶知安町、倶知安町教育委員会)
    《昭和の洋画-戦前の動向》展(京都市美術館)

1975年 北海道文化賞受賞

1977年 《現代美術のパイオニア展》出品(東京セントラル美術館)

1981年 小川原脩展《倶知安町開基90周年の記念のために》
    (倶知安町文化福祉センター。主催:倶知安町、倶知安町文化協会)
    倶知安町特別功労賞受賞(芸術文化)

1985年 《東京モンパルナスとシュールレアリスム展》(板橋区立美術館)

1988年 小川原脩展《対話・沈黙-遥かなるイマージュ》
    (北海道立近代美術館・東京セントラル美術館)

1989年 文部大臣褒章(地域文化功労)、北海道新聞文化賞(社会文化)受賞

1991年 小川原脩展《倶知安町開基100年の記念のために》
    (倶知安町文化福祉センター。主催:倶知安町)

1994年 北海道開発功労賞受賞
    《小川原脩画集》出版

1995年 小川原脩展《澄明な心にロマンを-》
    (倶知安町総合体育館サブアリーナ。主催:倶知安町教育委員会)

1999年 《小川原脩記念美術館》オープン

2002年 8月29日、永眠。享年91歳