有害鳥獣関係(ひぐま等の出没情報)

熊出没に注意

目撃・被害情報

 例年、町内での熊の足跡・姿の目撃例が寄せられております。毎年この時期には熊の出没に関する多くの情報が寄せられておりますことから、農作業時や山菜取りなどには特に注意が必要です。

 町内で熊出没の痕跡が確認されているので、農作業時や山歩き、山菜取で下記の場所に行く時には特に注意されるとともに、早朝、夕暮れ時に山林に入ることは避けるようにしてください。

山に入る時の注意事項!!

  • 目立つ服装をし、単独では行動しない。
  • 薄暗い時間には山には入らない。
  • 鈴やラジオを携帯するなど、音を出して自分の存在を知らせるとともに、
 周囲に注意を払う。
  • クマのフンや足跡、食べた跡を見つけたらすぐ引き返す。
  • 「クマ出没」の看板があるところにはあえて入らない。
  • 子グマを見つけても決して近づかず、その場を離れる。
  (母グマが近くにいるかもしれないので、とても危険です。)
  • エゾシカなどの死体を見つけたら、クマが食べていた可能性があるので、
 速やかに離れる。
  • 山菜採りの方の弁当の容器など多数のゴミが捨てられています。
 ゴミはクマを寄せることになるので、必ず持ち帰りましょう。
<!--$alt-->

足跡が確認されている場所を中心に
看板を設置しております。