各地区の基準

準都市計画区域(景観地区)における基準

準都市計画区域【倶知安町字山田、字樺山、字旭、字岩尾別、字花園の地域内約2,298ha】及び景観地区(準都市計画区域全域)は12地区に分かれ、地区ごとに建築物を建てる際の基準があります。

各地区の建ぺい・容積率、斜線制限、最高高さの限度、形態意匠制限 最低敷地面積、後退距離等について

各基準に関する諸注意

準都市計画特定用途制限地域による基準

準都市計画区域全域は特定用途制限地域の決定もなされており、5つの地区が設定されています。地区毎に建築物を建てる際の用途の制限があります。

特定用途制限地域における用途の詳細な制限内容について

<ご注意>
 特定用途制限地域の制限内容においては住宅や宿泊施設に供する用途は制限されません。
(建ぺい率、容積率、最高高さ、形態意匠等は準都市計画区域・景観地区による規定が適用されます。)

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、まちづくり新幹線課まちづくり係まで

電話番号 :0136-56-8012 (直通)
FAX番号:0136-23-2044
E-mail:machi*town.kutchan.lg.jp
      (迷惑メール対策のため@を*に置き換えて表示しています。)