「スキーの町」宣言文

私たち倶知安町民は、雄大なる羊蹄、ニセコ連峰に抱かれて、

きびしい風雪にひるむことなく、幾代に亘ってこの地を開拓し、

豊かな郷土を培ってきた。

これは、酷寒、多雪の風土のもとにつちかわれた剛健な心身

と、たくましい意欲のたまものである。

今や雪は、町民の心身を育てると共に、郷土をスキーのメッカ

として大きく躍進させる天与の宝となりつつある。

私たちは、明るくたくましい雪国の生活を目ざして、スキーのす

べてを町民のものとし、スキーを通じて、たくましい心身を育て、

ゆたかな町づくりに資することを乞い願い、スキーを町技と定め、

ここに「スキーの町」を宣言する。

昭和47年12月20日