小川原脩について

小川原 脩(おがわら しゅう)

明治44(1911)年1月21日~平成14(2002)年8月29日

北海道虻田郡倶知安村(現:倶知安町)八幡に生まれる。
旧制倶知安中(現:倶知安高校)卒業後、東京美術学校(現:東京芸大)西洋画科入学。
在学中に帝展入選。
卒業後、資生堂ギャラリー、三越ホールなどで個展を開催。
福沢一郎らと知り合い、美術文化協会創立に関与。戦後は郷里倶知安に戻り、
全道美術協会(全道展)創立に参加。
60歳を超えてから訪れたチベット、中国、インドで創作への新境地を開拓。